40代女性が転職をするにあたり必要なマインドとは?

昨今の40代転職は男女問わず厳しいと言われてきています。確かに20代と同じ気持ちで挑んだら、結果は散々なものになるでしょう。

今回は40代女性が転職を目指すにあたり、40代における転職事情はどうなのかを自身の体験に合わせお伝えします。

私が転職について気になりだしたのは、30代終了間近なのが理由です。

ステイホーム推奨期間が長引き、最近は現在のことに限らず未来のことも考えるようになりました。

そのため自分自身の市場価値はどうなのかを確認するためリクルート転職に登録、後日リクルートの担当者とウェブ会議を行いました。

今回はその結果を踏まえ40代転職の現状を紐解いていきます。

40代転職の動向

ウェブ会議中のやり取りで40代転職における実情を理解しました。

1点目。40代向けの求人広告はあります。ただし、転職をスムーズに成功できる人とそうでない人の差が激しいようです。

40代の転職では20代のようにただの作業者としての能力を買われるのではなく、一歩先を進んで「人をマネジメントする」スキルを求められます。これは社内外両方あると好ましいです。

もう1点は資格の有無です。国家資格であればあるほど所持していてアピールになるのはどの年代でも同じです。私はこの部分を特に指摘されました。

確かにいくつか国家資格は所持しているのですがアピールポイントが足りないと指摘されました。

よって私の場合、転職するにしてもまずは必要な資格試験をピックアップし、少しずつ取得しようと決意したところです。

女性ならではの問題

女性には女性の、男性には男性独自の問題があります。今回は女性についてお話ししましょう。40代で単純作業を行う正社員を目指すとなると、正社員での求人数が少ないとされています。単純作業だけしたいとなると、派遣社員を薦められる場合が多いです。

理由は明白で、単純作業はほぼマニュアル化・システム構築されているため教育にかかる手間が少なく、この部分にわざわざ高額の正社員で補う必要がないからです。

もう一点懸念点があります。それは雇われる側の意識の問題です。女性自身が家庭の事情で正社員を望まないケースがあるのです。

正社員でなければヘビーな仕事は任されることなく、内容が分かり切っている単純作業なので、時短で仕事を片づけられるメリットがあります。

そこを経営者側も理解しているので女性の正社員登用を推進していく必要が感じられないのでしょう。

会社側と雇用側のミスマッチを防ぐには

40代女性が正社員として転職を成功させるには、まず自分の持つ甘さや欠点を受け入れ、修正・改善していくことが必要でしょう。

例えば「単純作業でいい」「面倒くさい作業をしたくない」「家庭の事情を優先したい」など、このような甘い考えで正社員を目指すのは会社側からしてみても迷惑と思われるだけです。

向上心のない人を雇ったところで周りに悪い影響を及ぼしかねないのです。

だからといって会社の言いなりになる必要はありません。家庭の事情でどうしても時短をしなければならない時はあります。

それを踏まえたうえで、どうすれば会社の売り上げに貢献できるのか、同僚や上司が納得できる結果を生み出せるかどうかに焦点をあてましょう。

転職をするにしても、現職のままでいるとしても、自身の現状把握・スキル向上・人とのコミュニケーションがちゃんと取れているかどうかは確実に片づけたい問題です。

まとめ

経営者側の思惑を理解すれば40代に求められるスキルはおのずと把握することができます。

作業は20代でもできるのです。われわれ40代のミドル世代は、作業はもちろんのこと、社内外の人との付き合い方をマネジメントすればいいのです。その結果、会社へ貢献でき、自身の満足度も増えます。

雇用者である以上経営者側の思惑によって動かざるを得ません。

経営者と雇用者双方ニーズを一致させ、快適な組織づくりに協力できるよう日々邁進していきましょう。

転職情報サイトのご紹介

40代女性の転職体験の事例は、セカンドゴングというサイトでたくさん紹介されています。

以下のページなどをぜひ参考にしてみましょう。

40代女性の転職体験談からみる成功のポイント

感想・ご意見・情報提供お待ちしております(^^)

    楽しかった・役に立ったらシェアしてみてね!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください