2021年9月25日。

フジテレビ系列で『鬼滅の刃 無限列車編』が初放送され、各SNSで賑わっています。

番組終了間際には遊郭編とTV版無限列車編予告が発表されました。

今回はフジテレビ版無限列車編の感想を軽く綴ってみます。

CMだらけのフジテレビ版無限列車編

フジテレビでTV初披露の『鬼滅の刃 無限列車編』はCMを挟みまくった結果、視聴者へ悪影響を及ぼしました。

理由はCMが10分前後おきに入るため、シーンが細切れになってしまい作品に集中しにくくなりました。

CMの中身は作品と無関係な内容があるため余計ストレスが溜まります。

作品をダシにして儲けたい精神をビンビン感じましたね。

遊郭編 堕姫(だき)役は沢城みゆきさんに決定!

劇場版を何度も見に行き円盤まで購入した私が今更テレビ版の無限列車編を観る必要なんてほとんどありません。

なぜ観たのかといえば、遊郭編の新情報を知りたかったからです。

無限CMだらけでストレスが溜まる無限列車編枠の終盤で、ようやく遊郭編の新情報が判明しました。

予想していた方は多かったようですが、上弦の陸(じょうげんのろく)堕姫(だき)役は沢城みゆきさんに決定。

私の予想通りだったので自分のオタ地力を褒めたいところです。

ここで少し沢城みゆきさんについて紹介します。

沢城みゆきさんといえば『ルパン三世』の峰不二子役が有名です。

2021年現在はニュースステーションでナレーションも担当しており、大変実力のある女性声優です。

個人的には、テイルズオブエクシリアのメインキャラクターであるミラ・マクスウェルが印象に残っています。

色っぽさと凛々しさを併せ持つ素敵な女性を演じました。堕姫(だき)の演技にも通じるものを感じます。

余談ですが、テイルズオブエクシリアは鬼滅の刃でアニメーション制作を担当したユーフォーテーブルがアニメーション部分を担当しました。

鬼滅の刃のスタッフはテイルズシリーズにゆかりのある人が多いです。

監督や音楽担当、一部の声優は、ユーフォーテーブルが制作したアニメ版テイルズオブゼスティリアでも活躍しています。

まさかのTV版無限列車編スタート

遊郭編の新情報後に、TV版無限列車編の放送決定のアナウンスもありました。

TV版無限列車編は第1話はアニメオリジナルで、残り6話が新作カット付きで劇場版を分割予定です。

原作版では、蝶屋敷編の後に急遽無限列車編が始まったので、少し補足するなら良いタイミングかなとは思います。

無限列車編を分割オンエアした理由は、CMに協賛する企業数を見れば如実に現れています。

売れるかどうかわからない遊郭編よりも、人気のある無限列車編で絞れるだけ儲けたいのでしょう。

もちろん表向きの理由は、円盤購入せず劇場へ足を運ばなかった人向けへの救済措置ですね。

昨今のコロナ禍の影響で、劇場に足を運ぶのは難しい事情があるため仕方がなかったのかもしれません。

私個人としては、いい加減無限列車編の先を見せて欲しいので、今回の無限列車編分割TV版は残念な措置です。

そもそも無限列車編自体、煉獄杏寿郎と炭治郎たちの絆がそんなに深くないこともあり、あまり感動できなかったんですよね。

煉獄はただただ上弦の参(じょうげんのさん)猗窩座(あかざ)に舐めプされただけでなので、無限列車編だけならBAD ENDのお話。ユーフォーテーブルの演出に救われました。

テレビアニメ版 鬼滅の刃 無限列車編 第1話

2021年10月10日放映のテレビアニメ版『鬼滅の刃 無限列車編』は、原作にはないアニメオリジナル回です。

オリジナルとはいえ、原作の流れを止めるような内容ではなかったので、原作ファンでも楽しめたのではないでしょうか。

今回判明したのは以下の通りです。

  • 炎柱、煉獄杏寿郎(れんごく きょうじゅろう)が弁当にこだわっていた理由が判明
  • 神隠し事件の犯人は鬼
  • 過去に弁当屋のおばあちゃんを鬼から助けたのは元炎柱にして杏寿郎の父である煉獄槇寿郎(れんごくしんじゅろう)

杏寿郎が弁当にこだわっていた理由は?

煉獄杏寿郎の「うまい!」連呼が唐突に始まり、ドギマギするのが無限列車編です。

ですから、電車内で貪るように食べ散らかしている煉獄さんの姿はとても不思議に思っていました。

長らく疑問だった煉獄の食いしん坊疑惑ですが、今回のアニメオリジナル回で煉獄が弁当を貪る理由が判明しました。

煉獄は食いしん坊という理由ではなく、お弁当屋さん達との僅かな出会いがきっかけで、お弁当を通して絆を結んでいました。

神隠し事件のせいで人手が少ない中でも、お弁当屋さんのおばあちゃんと孫がお客様を待っていたシーンは健気ですね。

煉獄さんはただ食べたかっただけではなかったんですね……てっきり大食いなのかと思っていました(笑)

神隠し事件を起こした犯人は鬼

無限列車は、乗客40人以上行方不明になった影響で整備場に格納されていました。

整備員の話を聞くと、整備に不備なかったので、ほかに原因があるのでは?という流れ。

結果的に整備の不備ではなく、まるで霧のように姿を閉ざす異能の鬼が、無限列車で人を喰っていました。

無限列車編の時点で下弦の鬼は魘夢(えんむ)を除き解体されていたので、登場した鬼は異能の鬼です。

煉獄さんは柱なので、異能の鬼は朝飯前。余裕で倒していましたね。

個人的には、もう少し動きが見たかったなあと思います。

お弁当屋さんのおばあちゃんを救ったのは煉獄親子

お弁当屋さんのおばあちゃんは、20年前にも鬼に襲われ、ピンチの時に煉獄槇寿郎(れんごくしんじゅろう)に助けられました。

煉獄槇寿郎(れんごくしんじゅろう)は、杏寿郎の父親で元炎柱です。

無限列車編では柱を降り鬼殺隊も辞めてしまいましたが、昔は杏寿郎のように正義感に溢れた頼れる柱であることが分かります。

煉獄親子は、二人とも性格は異なりますが、真の部分は繋がっているのだと気付かせてくれました。

第2話から劇場版を細切りにした作りになるようですね。

このまま遊郭編まで突き抜けていただきたいところです。