卓上ライトの使用用途は寝室にインテリアとして使う場合と、作業効率アップのため機能性重視で使う場合とで主に2パターンあると思います。

今回は「電力を抑えて作業効率をUPさせたい!!」と希望する方に向けて、EppieBasic様の卓上LEDライト(EP-450B-12W)をご紹介します。

数週間使用してみて、とても作業がはかどりましたので参考になると思います。是非気になる部分だけでも読んでみてくださいね。

設置は簡単

付属品。一瞬六角レンチかと思ったのですが、+ドライバでした(笑)

使用できるように組み立てるには、ねじ4つをライトの底に付ける必要があります。

付属のねじと工具を使えば10分程度で完成するので、お子様でも簡単に組み立てることが可能です。

安全のためにお子様が組み立てる場合は、保護者の方は傍にいて見守っているといいでしょう。

高さ調整が楽ちん

高さ調整はアームを握って曲げ上げしましょう

個人的に気にっているのは、アームの素材が柔らかいこと。力を入れなくても高さ調整が簡単に行えるのでありがたいです。

「高さ調整ができない」「調整できたとしてもいちいち工具を取り出す必要がある」のように、高さ調整をするにもひと手間かけないといけないライトをお使いの方には、次回買い替え時に候補としてみてはいかがでしょうか。

ライトバーのサイズは46cm!作業するのに丁度イイ

ノートパソコンを包み込むくらいは余裕の幅広さ

寝室に置くサイドライトならスポットライトのように小さいサイズのライトもでもいいのですが、作業用のライトとなるとある程度幅が欲しいものです。

EppieBasic様の卓上LEDライト(EP-450B-12W) は幅が46cm、底面からライトバーまでの高さは50cmです。

よほど特殊なノートパソコンでない限り、大抵のノートパソコンの頭上で作業範囲をカバーしてくれます

おかげで部屋全体を明るくする必要がなくなり、電気代も節約できました。

「色温度」「輝度」は軽くタッチすれば調整可能

ライトバーの上面にある電球ボタンを押すと色温度が調整可能
輝度は10段階調整可能。ライトバーの太陽マークを押しましょう

EppieBasic様の卓上LEDライト(EP-450B-12W) は、「色温度」「輝度」の調整が可能です。

色温度や 輝度はライトがどれだけ光るのかを把握するために決められた尺度です。

「昼光色」や「電球色」など、ホームセンターで電球を購入する際によく見かける単語は色温度ですので、色温度の方が一般的には馴染みがあります。

「色温度」「輝度」 の切り替えは、ライトバー上部にあるアイコン部分を軽くタップすれば調整可能です。

項目名調節可能段階
色温度(K)~3000,~3500,~4000,~4500,
~5000,~6000の6段階
輝度(ルーメン)10段階
調節可能範囲

今後の要望

使ってみて気づいた点として以下をお伝えします。

  • 軽くタッチすれば調整可能ではあるが、本当に変わったのか分からなくなる時がある
  • USB接続ポートはないので電源タップがないと使えない
  • クリップ式ではないので設置場所は確保しよう

【「色温度」「輝度」は軽くタッチすれば調整可能】の章でお伝えした通り、メニューボタンを軽くタッチすれば調整はしやすい反面、「本当に変わったのか」と分からなくなる時があります。

2点目のUSB接続は想定していないので移動して使うものではありません。

3点目のクリップ式ではない点。持ち運びが購入検討項目の方は合わない商品になると思います。

2点目と3点目は購入者の状況に合わせて検討しましょう。

まとめ

今回の記事をまとめると、EppieBasic様の卓上LEDライト(EP-450B-12W) は卓上LEDライトとしてとても使いやすいため、作業効率向上が見込まれるということ。

持ち運びは想定していないのでその点は注意しましょう。

EppieBasic様の卓上LEDライト(EP-450B-12W) はネットショッピングで購入可能です。是非一度手に取ってみてはいかがでしょうか。